【ネタバレ感想】マリッジトキシン 第5話 感想・考察 敵を倒し進む2人。下呂は人質を助けるが

マリッジトキシン
画像出典:『マリッジトキシン』第5話より

今回の記事は、 漫画アプリ「少年ジャンプ+」で読める 作者: 静脈/依田瑞稀『マリッジトキシン』第5話を読んだので、考察、ネタバレ含めた感想を書いています。

※この漫画のネタバレ含んでます。これから読む方はご注意してください。

 

スポンサーリンク

『マリッジトキシン』あらすじ

あらすじ・内容

殺し屋×結婚詐欺師の世界一ハードな婚活バトル物語!数百年続く殺し屋一族の青年・下呂。学校にも行かず裏稼業で生きてきた彼にとって女性は「苦手で縁遠いもの」であり、結婚は「するべきではないもの」と考えていた。だがある日、血が絶えることを恐れた彼の実家は、下呂が結婚し子供を残さないならば、妹に「それ」を強制することを通告。困り果てた下呂は仕事のターゲットであった結婚詐欺師に…。

引用:『マリッジトキシン』少年ジャンプ+より

 

感想・考察

『マリッジトキシン』第5話を読んでみましたが、メイが下呂に挨拶のレクチャーをつけながらも人質の京子を助けに行くというお話でした。

 

優しく声をかける為の練習。

次々と現れる敵を倒していく下呂。下呂はメイと京子と会話を想定して練習しながらも京子が捕らわれいる部屋に向かいます。

引用:『マリッジトキシン』第5話より

下呂はニヤつきにながらも向かうですが、メイから「相手の気持ちを考え抜くこと」を教えられ、相手の気持ちになって声をかける練習をするのでした。

 

相変わらず下呂のニヤつく顔は怖かったですね。もしかしたら、下呂がこんなにも女性に慣れていないのも、何か過去に原因がありそうですよね。好きだったけど誰かに嫌われたとか、学生時代か修行時代に不憫な目に遭ったとか。

それか昔、好きだった誰かに殺されそうになって相手を信用できないとか。

話が進むにつれて判明しそうです。

 

毒を使い、主犯格を倒す下呂。

下呂とメイが次々と敵を倒していく中。京子がいる部屋では主犯格がメイに銃を突きつけていました。そこで主犯格は京子を美術品と引き換えに仲間にしようとしますが、下呂が駆けつけたことで助かります。

引用:『マリッジトキシン』第5話より

どうやら下呂の毒は密室の部屋を毒で溶かして開けれる、幻覚作用の毒で敵を惑わせることができるようです。

前のお話で頑固な汚れも落とせるし、結構下呂は万能ですよね。殺し屋としては優秀だけど、それが邪魔をしているという。なんだかかなり不憫ですよね。

 

まとめ:マリッジトキシン 第5話 感想

以上、『マリッジトキシン』の第5話 感想でした。

第5話では敵のアジトにて下呂が第一印象の挨拶の練習をして、京子が捕らわれている部屋で主犯格を倒すといった感じでした。

それでもまだ用心棒の水使いは倒していなかった。これからの次回、毒使いvs水使いという話になりそうです。

次回の第6話では使い手同士の戦いがどのように戦うのか?気になりました。

【ネタバレ感想】マリッジトキシン 第6話 感想・考察 毒使いvs水使い!下呂は苦戦をするが…

タイトルとURLをコピーしました